教習所での唯一にして最大のイベント

私は大学生の時に合宿ではありませんでしたが、
超短期間のコースで免許を取りました。

しかも、地元ですが、少し家からは距離がある教習上で取ったので、
知り合いも全くいない状況でした。

また、かなりの短期間ということで2週間くらいは朝から晩まで教習の連続でした。
さすがに1週間したくらいから飽きてきて、
本当に教習上に通うのが苦痛でしかありませんでした。

そして、そんな苦痛にも慣れて、教習自他も残すところ、
あとわずかになったときの高速道路の教習で教習所であった
唯一にして最大のラッキーイベントがありました。

高速教習というのは、やったことがある人ならわかると思いますが、
二人一組または三人一組で行います。

そのとき、私はたまたま二人一組になってしまったのですが、
そのときに一緒になった女の子がとてもかわいかったのです。

ミュゼのネット予約へ
脱毛ラボ
もちろん、話しかけました。その子は地元の大学に通う女の子でした。
教官も交えてでしたがすぐに仲良くなり、高速教習が終わって、
卒業するまでの数日間、彼女とともに過ごすことが多くなりました。

そして、その間に連絡先をゲットして、免許を取った後も連絡を取り続け、
やがて付き合うことになりました。
まさか、あんな一人ぼっちの教習所で
彼女ができると思ってなかったのでびっくりでした。

雨音で感じたランク

今の車、決して嫌いなわけではありません。
好きで選んだシリーズですから。
もうかれこれ20年、買うのはこのシリーズだけです。
なにせもう3代目ですからね。

トランクには買い物袋も、楽器も、柴犬も積めるし、
旅行先で車中泊だって快適です。

ただ、今の車に買い替える時少しだけケチったんです。
いや、ケチったのではなく、今の家族構成と走行距離なら
ワンランク下の車でも十分ではないかと判断をしたのです。

ランクを下げて買った車に、特に不便も感じないままだった
ある雨の日、カーポートから出庫して驚きました。

屋根の上にアーモンドでも落ちてきのたかと。
この車の屋根はトタン屋根だったのかと。
雨が屋根にしたたる音が、なんともチープなのです。

詳しい組成はわかりませんが、
雨でもへこむのではないかと思うくらい軽い金属音がするのです。
晴れの日の試乗ではわからないことでした。

VIO脱毛 痛み
ムダ毛処理 カミソリ

高校生の頃のツーリングの思い出

高校生の頃の話です。
免許をとりたての友人のバイクのうしろに乗り、渋谷まで買い物に行きました。

私が住んでいるのは神奈川県で、
高校生の頃の感覚では渋谷までずいぶんと距離がありました。

その頃、友人が乗っていたバイクはチョッパーハンドルのバイクで、
とても長距離運転をするのには向かない物でした。

しかし、友人はバイトをして自分のお金で購入したバイクで
ツーリングがてら買い物に行くということが嬉しくてたまらないようでした。

私はそんな友人のうしろに乗っているだけでしたが、
とても楽しかったことを覚えています。

その時は、高速は使わず国道246号線を通り都内に入り、
代官山をまわり渋谷、原宿方面に行きました。

買い物といっても学校が終わってからバイクで出かけたため、
到着は日が暮れてからでした。
そのためにあまりあちこちのショップはのぞけず、
私が鞄を購入するだけにとどまりました。

そして、その帰りにファストフードでハンバーガーを食べたのです。
すごく懐かしい青春のツーリングの思い出です。

ミュゼのネット予約へ
脱毛ラボ

懐かしのキャンセル待ち。

今から10年程前、大学生の時に教習所に通いました。
大学二年生だったので単位を取得する為に毎日朝から授業が詰まっており、
夕方に授業が終わると同時に教習所に駆けつけていました。
学校から地元の教習所まで2時間程かかるのですが、
今思えばほぼ毎日よく通ったものです^^;

そこまでサークル活動にも熱心でなかった私は
他の人に比べると時間にも余裕があり、よく教習所で
ラストの受付時間までキャンセル待ちをしていた覚えがあります。

教習所で親しい友人がいた訳でもないので、
ひたすら待合室の大きなモニターで流れるMTVを見たりうたた寝したりしていました。

あと入校してしばらくしてから気づいたのですが、
待合室の隣には漫画喫茶風の喫茶ルームみたいな部屋がありました。
その部屋で何か注文した人は筆記試験の模擬テストを
パソコンで受けられる特典があり(汚い商売もいいところ…)、
飲み物も安かったのでよく利用しました。

今みたいにネット上で過去問題が氾濫している時代ではなかったので、
とても重宝しました。
キャンセル待ちしても乗れない時もたまにありましたが、
筆記試験の勉強をしていたと思えば気持ち的にもだいぶ救われます。

実技の「車線変更」がなかなか合格できず少し時間は掛かりましたが、
なんとか一発で運転免許を取得する事ができました。

今は完全なるペーパードライバーなので、
少し子育てが落ち着いたらまたお世話になろうかなぁと思っているところです。

リンパダイエットの方法

駐車禁止の急発進。

二輪、特にバイクを乗る人ならば誰もが実感としてある「ひやっと」は、
車の急発進じゃないでしょうか。
特に駐車している車の急発進です。慌てて対応しなければなりません。
ということは、急ブレーキを踏まなければならないということになります。
二厘ですから、急ブレーキを踏む=転倒の可能性、となるわけです。

以前、大通りを走っていました。
基本的にバイクなのですから道の端を走っていました。
すると、道端に止まっていた“駐車禁止の車”が、
指示器も出さずにいきなり車道の中に発進したのです。

ぶつかる、と思って慌ててブレーキを踏みました。
しかし、急ブレーキのため転倒したのです。

ボディスタの口コミって?

事故扱いとなりました。
もちろん、相手の運転手は謝りましたが、
なんとこの事故、誘引事故というのです。
あたっていなくても、他の歩行者や運転手を事故に誘ったという概念です。
バイク乗りなら誰でも分かるこの感覚ですが、
車ノリにはなかなか分からないのです。

バイク運転中のよそ見は御法度

これは、私がバイク運転をしていて、
一瞬の不注意で危うく事故を起こしそうになった思い出です。

私は、20代前半のころ、とある国道を快調にバイクで飛ばしていました。
その季節は春で、街道には桜が満開でした。

私は、あまりにその桜がキレイだったため、
運転中にチラチラとその桜を横目で見ていました。
すると、1番桜が満開になっているスポットにさしかかり、
私の心は完全に桜に奪われていました。
今考えると、私は心がそうなった時点で一旦バイクを降りるべきでした。

しかし、私はそうせずにずっとそのまま走り続けてました。
すると、私はいつの間にか桜のある車線の左側に寄り過ぎており、
次の瞬間に左ひじがガードレールに当たりました。
すると、私はバランスをそれで崩して転倒しそうになりました。

私はヒヤッとし、何とかそこから転ばずに体勢を立て直しましたが、
そのときの私はとても生きた心地がしませんでした。

それは、桜の生えていた左側は斜面になっており、
もし転倒してそこに転げたらただでは済まなかったと思ったからです。
それ以来、私はもしも見たい景色があるならば、
必ずバイクを降りて見るようにしています。

  • 車査定の相場
  • 車のことならカーセンサー
  • Hello world!

    WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !